「極超音速ミサイルの試験成功」北朝鮮メディア 日本海方向に発射か

ソウル=鈴木拓也
[PR]

 北朝鮮朝鮮中央通信は29日、北部の慈江道龍林郡(チャガンドリョンニムグン)で28日午前に新たに開発した極超音速ミサイル「火星8」の初の試験発射を行ったと報じた。同日朝に日本海の方向に1発発射した短距離ミサイルとみられる。

 同通信によると、試射では、ミサイルの飛行操縦性や安定性、誘導機動性、滑空飛行の特性などを確認し、設計上の要求を満たしたと評価されたという。朝鮮労働党政治局常務委員の朴正天(パクジョンチョン)前軍総参謀長や国防科学部門の幹部らが参加したとしている。

 同通信は、極超音速ミサイルの研究開発について、今年1月の第8回朝鮮労働党党大会で提示された「兵器システム開発5カ年計画」の最優先事業と報道。開発は国防科学技術力を高め、自衛的防衛力を全面的に強化するうえで大きな戦略的意義を持つと強調した。

 「火星8」について韓国の専門家は、高速で変則的な軌道をとるのが特徴で、中国やロシアが開発・配備を進める極超音速滑空ミサイルを模したミサイルの可能性が高いとみている。

 一方、同通信は28日に、北朝鮮の国会にあたる最高人民会議が平壌で開かれたと報じた。(ソウル=鈴木拓也)