「理想の響き、共に」 大野和士 ブリュッセル・フィル音楽監督に

有料会員記事

編集委員・吉田純子
[PR]

 指揮者の大野和士(61)が来年9月、ベルギーのブリュッセル・フィルハーモニックの音楽監督に就任することが29日に発表された。管弦楽団と合唱の両方を抱える組織のため、「ヘンツェの交響曲第9番のような巨大な作品もやってみたい。オペラもぜひ、演奏会形式で」と夢を広げている。スペインバルセロナ交響楽団音楽監督の任期は来年9月に終了し、新国立劇場オペラ部門芸術監督東京都交響楽団音楽監督としての仕事は継続する。

 ブリュッセル・フィルとの初共演は今年の1月。モーツァルト中心のプログラムだったが「響きが重厚で柔軟」とすぐに意気投合した。「相互に有機的につながっていく感覚になれる。例えば『内面的な音がほしい』と言うと、自主的にいろいろ考え、とてもコントラスト豊かな音楽をつくってくれる。理想の響きを共につくっていけるオーケストラだと確信した」

 ブリュッセル・フィルの前身は、ベルギー国立放送協会が1935年に設立した放送交響楽団。ショスタコービチ、ストラビンスキー、バルトーク、メシアンらの新作を初演してきた。2017年、音楽監督のステファヌ・ドゥネーブと初来日を果たしている。

 大野はザグレブ、独カールス…

この記事は有料会員記事です。残り427文字有料会員になると続きをお読みいただけます。