「無料で点検」と訪問、リフォーム代詐取した疑い 会社員の男逮捕

[PR]

 必要のない自宅の改修工事を勧め、高齢女性から代金をだまし取ったとして、警視庁が会社員の滝良太容疑者(35)=川崎市麻生区=を特定商取引法違反(不実の告知)と詐欺の疑いで逮捕したことが29日、捜査関係者への取材でわかった。組織犯罪対策4課は準暴力団と関係があるとみて被害金の使途を調べる。

 捜査関係者によると、滝容疑者は2020年12月、建築関係の会社員を名乗って東京都大田区の80代女性宅を訪問。「床下が腐っています」などとうその説明をして床下の修繕工事の契約を結び、必要な工事をしたように装って代金計約62万円をだまし取った疑いがある。女性は数百万円分の契約を結んでおり、同課は余罪があるとみている。

 滝容疑者は訪問前に女性の家に電話をかけ、「無料でご自宅の点検をします」と説明していた。了承を得たうえで訪問したという。