古代出雲と九州つながる神々 交通の要衝、大陸へも

有料会員記事

編集委員・中村俊介
[PR]

 出雲から西に目を向けてみよう。そこには古くより先進文化の玄関口を担った北部九州、その先には朝鮮半島や大陸が控える。古代出雲人の視線もまた、「北ツ海」と呼ばれた日本海のかなたに広がる西方世界に注がれていた。

 かつて筑紫国と呼ばれた福岡県の北部、博多湾沿岸一帯には古くから大陸文化が上陸し、列島各地へ伝播(でんぱ)する起点となった。出雲もまた、こことつながっていたようだ。

 『日本書紀』に、こんな話がある。

 崇神(すじん)天皇が出雲大社の神宝を見たいと言い出した。神宝を管理していた出雲臣の祖、出雲振根(ふるね)は筑紫に赴いて留守にしており、弟の飯入根(いいいりね)が勝手に神宝を天皇に献上してしまった。振根は怒って弟を殺害。天皇は軍勢を派遣して振根を誅殺(ちゅうさつ)した――。血で血を洗うこの兄弟げんか、出雲内における東西勢力の争いを示唆するとの指摘がある。

 いったい振根は、筑紫で何をしていたのだろう。駒沢大の瀧音能之(たきおとよしゆき)教授は「筑紫の勢力と出雲は古くから交渉があったとみてよい。同盟や政治的連携の確認に出かけていたのかもしれない」という。

 さらに踏み込んで、振根が訪ねたのは宗像氏ではなかったか、との見方もある。宗像氏とは、高い航海術を駆使して玄界灘沿岸部に勢力を張った古代豪族だ。

 彼らが奉じた宗像大社(福岡県宗像市)の祭神は、「海北道中」と呼ばれた大陸への国際航路を守護する宗像3女神。そのひとりタギリヒメ(タゴリヒメ)はオオクニヌシの妻だ。国譲りに登場するアジスキタカヒコネらを生み、出雲大社境内の筑紫社にもまつられている。海人族として名高い宗像氏だけに、出雲と九州の神々の、日本海をまたいだこの婚姻譚(たん)も、ごく自然に思えてこないか。

 両地域の親密さは考古学的に…

この記事は有料会員記事です。残り1049文字有料会員になると続きをお読みいただけます。