石破氏「地方票、ほとんどの県で1位なのに…」河野氏敗北に悔しがる

[PR]

 自民党総裁選で敗れた河野太郎氏を支援してきた石破茂元幹事長は、東京都内で記者団に「自分としてできる限りのことをやって、結果が出せなかったのはとても残念だ」と語った。

 石破氏は敗因をめぐり「地方と国会議員の意識の落差じゃないでしょうか。(河野氏は地方票で)ほとんどの県で1位という得票をいただいた。にもかかわらず、国会議員票が思うように伸びなかった」と指摘。決選投票に党員・党友の意向をより反映させる仕組みに改めるべきだとの考えを示した。

 岸田文雄氏が新総裁としてのあいさつで「ノーサイド」と述べたことを踏まえ、石破氏は「こういう時期に、誰をどういうポストに持っていくか。『本当に国のためだね』『自民党のためだね』というご覚悟が問われる」とも語った。

進次郎氏「完敗に近い」

 小泉進次郎環境相が総裁選の…

この記事は有料会員記事です。残り429文字有料会員になると続きをお読みいただけます。