ナワリヌイ氏に新たな捜査 「違法デモ組織し、国民の人権を侵害」

有料会員記事

モスクワ=石橋亮介
[PR]

 ロシアの連邦捜査委員会は28日、刑務所に収監されている反政権派指導者アレクセイ・ナワリヌイ氏が「ロシアの治安や国家の一体性を損なう過激派結社を組織、運営した」として、新たに捜査を始めたと発表した。インタファクス通信によると、再び有罪となればさらに禁錮10年を科される可能性がある。

 発表によると、ナワリヌイ氏が設立した「反汚職基金」などの団体が「国家の信用を失墜させ、暴力による政変が必要だとする世論の形成を目的としていた」と主張。遅くとも2014年から今年にかけ、団体を通じて「違法なデモを組織し、国民の人権を侵害した」などと指摘した。設立や運営に関わったとして、国外に逃れている団体幹部ら8人も捜査対象とした。

 ナワリヌイ氏は今年2月、過…

この記事は有料会員記事です。残り190文字有料会員になると続きをお読みいただけます。