第7回体調が急変、入院するつもりが…主治医「これ以上の治療は難しい」

有料会員記事

編集委員・田村建二
写真・図版
自宅ではよく、もっちゃん、こっちゃんに絵本の読み聞かせをした=2019年12月20日、家族提供
[PR]

だいすきノート 第7話

 スキルス胃がんと診断されたみどりさんは、32歳だった2019年12月、慶応大病院に通う一方で、「福澤クリニック」(横浜市神奈川区)の袴田智伸・副院長(44)らの訪問診療を2週に1度ほど受けていた。

 袴田さんは、のみ薬に加えて座薬のタイプの薬も用意した。痛みや吐き気が急に強まった時、家族でも対応しやすいようにするためだった。

 小児科医としての経験もある袴田さんは、みどりさんの双子の娘、もっちゃん、こっちゃんの風邪なども診た。

 2人が昼寝をしている間に、手早くインフルエンザワクチン接種をしたこともあった。

 年末が近づくと、みどりさんは吐き気が強くなり、薬をのみづらくなった。袴田さんは貼るタイプの医療用麻薬を処方した。

子どもたちにも伝えないと

 新年は埼玉県の実家で迎えた。両親を交えて写真を撮り、子どもたちと映画館で「アナと雪の女王2」を見た。

 横浜市の自宅に戻ったころ、みどりさんの体調は急激に悪くなった。胃からの出血がまた始まったようで、下血があった。

 1月9日、いつものように娘たちが寝ている早朝に家を出て、慶応大病院に向かった。

 「まだ、治療を続けたい。で…

この記事は有料会員記事です。残り679文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

連載娘たちへ 2冊のだいすきノート(全12回)

この連載の一覧を見る