第8回2人の娘に「私の死をどう伝えれば」 死去11日前に書いたノート

有料会員記事

編集委員・田村建二
写真・図版
病室で両親と一緒に泣いた後、写真を撮った=2020年1月10日、家族提供
[PR]

だいすきノート 第8話

 スキルス胃がんで、主治医から「これ以上の治療は難しい」と伝えられたみどりさんは、2020年1月10日、慶応大病院の病室にいた。

 個室の部屋に、母えつこさん(60)、父のりあきさん(66)が来ていた。4歳の双子の娘、もっちゃん、こっちゃんもいた。

 みどりさんは、両親に向かって姿勢を正し、言った。

 「2人に楽しい老後を送らせ…

この記事は有料会員記事です。残り1237文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

連載娘たちへ 2冊のだいすきノート(全12回)

この連載の一覧を見る