第12回「ママは空から見守っているよ」 ノートに託した2人への思い

有料会員記事

編集委員・田村建二
写真・図版
もっちゃん、こっちゃんに向けて、みどりさんがメッセージを書き込んだ「だいすきノート」
[PR]

だいすきノート 第12話

 横浜市のこうめいさん(37)は2020年2月の夜、双子の娘もっちゃん、こっちゃんに、読み聞かせを始めた。

 スキルス胃がんで1月に32歳で亡くなった、妻みどりさんが書いた「だいすきノート」だ。

 まず、こっちゃん。生まれた時、体重が軽かった。

 「びょういんで おおきくなるまで がんばっていたね! おうちにかえってきてくれたとき とってもうれしかったよ」

 もっちゃんのノートには、「どきどき わくわく そわそわ たくさんの しあわせなじかんを ありがとう」とあった。

 2人のノートの内容に大きな差が出ないように、気遣って書かれていた。

 「ずーっといっしょにあそんだり、おりょうりしたり、おてがみかいたり、おでかけしたり もっともっとしたかったよ」

 お礼を伝える欄には「(2人…

この記事は有料会員記事です。残り1801文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

連載娘たちへ 2冊のだいすきノート(全12回)

この連載の一覧を見る