クジラの死骸に食らいつくヒグマ エサのカラフトマス激減 知床半島

有料会員記事

大野正美
[PR]

 世界自然遺産・知床で、海岸に漂着したクジラの死骸にかじりつくヒグマの姿が撮影された。夏から秋にかけてヒグマの餌となるカラフトマスは、近年気候変動の影響などで知床半島への遡上(そじょう)が激減。そうしたなか、思わぬごちそうにありついたようだ。

【動画】世界自然遺産・知床の海岸にクジラの死骸が漂着=桜井憲二さん提供

 ヒグマが撮影されたのは、知床半島先端の知床岬からオホーツク海側に約5キロ、北海道斜里町のポロモイ川の河口近くだ。9月23日、ヒグマ観察のクルーズ船から、羅臼町の漁業、桜井憲二さん(58)が撮影した。クジラの死骸は「体長10メートル以上の大きさだった」といい、ヒゲクジラの一種とみられる。

 死骸は腐敗が進んで表面が白っぽく、周囲の海面には流れ出した肉片や脂も漂っていたという。午前9時40分ごろに親子グマ3頭、20分ほど後にはオスグマが1頭、それぞれ海岸に現れ、爪で死骸の皮をはがし、鼻先や手を体の中に突っ込むなどして肉を食べていたという。

■2017年にも死骸食べる姿…

この記事は有料会員記事です。残り1057文字有料会員になると続きをお読みいただけます。