日本シリーズで継投で「完全試合」中日・山井大介投手が現役引退へ

[PR]

 中日ドラゴンズ山井大介投手(43)が今季限りで引退することが30日、球団から発表された。同球団一筋、20年間の現役生活に幕を下ろす。

 山井は社会人の河合楽器から2001年のドラフト6位で入団。チームの主力投手として活躍した。13年、DeNA戦で史上77人目の無安打無得点試合を達成。翌14年は13勝5敗で最多勝最高勝率のタイトルを獲得した。

 07年の日本ハムとの日本シリーズ第5戦では、走者を一人も出さずに八回まで投げて降板。岩瀬仁紀投手との継投による「完全試合」を達成し話題を呼んだ。

 プロ通算は62勝70敗20セーブ、防御率3・75。19年7月以来、勝ち星はなく、今季の1軍登板はない。