チュニジア新首相に女性地質学者を指名 大統領「腐敗終わらせる」

有料会員記事

カイロ=北川学
[PR]

 北アフリカチュニジアのサイード大統領は29日、新首相に女性の地質学者ナジラ・ブーデン氏を指名して組閣を命じた。サイード氏は7月、首相解任と国民代表議会の一時停止を発表。大統領の独裁化を危ぶむ声が強まっていた。

 大統領府によると、サイード氏はブーデン氏と面会し、「政府にはびこる腐敗と混乱を終わらせるため、我々は共に働く」と述べた。議会再開のめどは明らかにしなかった。

 憲法学者だったサイード氏は2019年の大統領選で当選。政争を繰り返す議会に対する国民の不満が後押しした。サイード氏は、同じく政治経験のないブーデン氏を首相に据えて改革をアピールする狙いとみられるが、ブーデン氏の手腕は未知数だ。

 チュニジアでは新型コロナウ…

この記事は有料会員記事です。残り309文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【1/24まで】2つの記事読み放題コースが今なら2カ月間無料!