デジタル通貨はマネー秩序変えるか 日銀前国際局長の福本さんに聞く

有料会員記事

編集委員・吉岡桂子
[PR]

 貝や石、穀物や布から金属、紙へ――。貨幣は時代の先端技術をまとい、姿を変えてきた。日本銀行で今春まで国際局長を務めた福本智之・大阪経済大学教授にきいた。デジタル通貨は、マネーの秩序を変えますか。(編集委員・吉岡桂子

 デジタル通貨をめぐる中央銀行の取り組みが注目を集めている。2年前、世界に30億人の利用者を持つ巨大プラットフォーム、フェイスブックが「リブラ」の開発を発表。通貨主権を脅かされかねないと危機感を抱いた世界各地の中銀が、調査や研究にアクセルを踏んだ。日本銀行も今年4月、「デジタル円」の実証実験に入った。

 「発行、送金、そして(日銀への)回収など技術的な実験をこなし、適当と判断すれば一般の方にも取引の実験に参加してもらう計画です。ただ、『デジタル円』の発行が決まっているわけではありません」

 「通貨は国民生活に欠かせな…

この記事は有料会員記事です。残り2060文字有料会員になると続きをお読みいただけます。