AIで偽ブランドを見抜け 商品のデータ蓄積、判定精度は「99%」

有料会員記事

根本晃
[PR]

 中古品買い取り大手のコメ兵ホールディングスが、AIを活用したブランド品の真贋(しんがん)判定に注力している。違法なコピー商品が年々精巧になるなか、「99%」の判定精度を誇るテクノロジーの力で、消費者が安心して取引できる社会をめざす。鑑定士を接客により集中させることで、サービス強化も狙う。

 コメ兵がAIによるバッグや財布、小物などの真贋判定を始めたのは2020年8月だった。最も需要の高かったルイ・ヴィトンからスタートし、現在はグッチやシャネル、エルメスの一部など代表的なブランド5種類に対応。買い取り専門店など国内約40店で導入されている。

 いったいどんな仕組みなのか。AI開発室の林幸史マネージャーが実演してくれた。

 「まずは品物のモデルを特定…

この記事は有料会員記事です。残り1057文字有料会員になると続きをお読みいただけます。