眞子さま、陶磁器フェスにビデオメッセージ 最後の公務の可能性

有料会員記事

杉浦達朗
【動画】「国際陶磁器フェスティバル美濃’21」名誉総裁に就任し、ビデオメッセージを寄せた眞子さま=宮内庁提供

 秋篠宮家の長女眞子さまは、岐阜県で開催されている第12回「国際陶磁器フェスティバル美濃’21」(期間は10月17日まで)の名誉総裁に就任し、9月30日の開会式にビデオメッセージを寄せた。眞子さまは10月にも小室圭さんと結婚するため、これが最後の公務になる可能性があるという。

 コロナ禍で眞子さまは会場には足を運ばないが、ビデオメッセージで「陶磁器関連の教育施設や研究所など美濃の地で育った人材が、ひとりひとりの個性を生かして力強く羽ばたいていくことを、期待しております」とあいさつ。フェスティバルは3年ごとに開催されており(昨年は延期)、眞子さまは2014年の10回、17年の11回でも名誉総裁を務めている。

 宮内庁は、10月1日にもお二人の結婚を正式発表する。眞子さまは結婚後、年内にも小室さんと米国での新生活を始める意向。(杉浦達朗)

■おことば全文…

この記事は有料会員記事です。残り822文字有料会員になると続きをお読みいただけます。