ユーチューブ、誤情報の削除対象を全ワクチンに拡大へ 

サンフランシスコ=尾形聡彦
[PR]

 米グーグル傘下の動画投稿サイト「ユーチューブ」は29日、新型コロナウイルスのワクチンについて誤った情報を含む動画を削除してきた対応を拡大し、削除する対象をすべてのワクチンについての誤情報に広げると発表した。誤情報がはしかやB型肝炎など様々なワクチンに広がっている現状を踏まえた。

 同社によると、コロナワクチンに関する誤情報の動画をこれまでに13万本以上削除したという。同社は29日、「コロナのワクチンについての誤った主張が、ワクチン全体の誤情報に波及しているのを、我々は目にしている。我々がコロナのワクチンについて始めた取り組みを、ワクチン全体に拡大すべき時だ」と説明した。

 同社は削除対象になる誤情報を「ワクチンが自閉症、がん、不妊症を引き起こす」「ワクチンにはマイクロチップが含まれ、追跡される」「ワクチンが人々のDNAを書き換える」「ワクチンを接種しても、感染リスクの減少にはつながらない」などと列挙。こうした動画は削除されるだけでなく、動画をアップした利用者は規約違反となって、アカウントの削除に至ることもある。

 米国では、ワクチン接種を拒否する人が8千万人近くに上るとされる。一部の人の間で、ワクチン全般に対する誤情報が広がっていることが指摘されている。(サンフランシスコ=尾形聡彦