日本政府、北朝鮮に抗議 官房長官「弾道ミサイルの技術使用」

[PR]

 北朝鮮が28日午前に発射したミサイルについて、加藤勝信官房長官は30日午後の記者会見で、「弾道ミサイル技術を使用したものと判断される」と述べ、外交ルートを通じて抗議したことを明らかにした。

 北朝鮮は28日午前、ミサイルを発射。朝鮮中央通信は新開発した極超音速ミサイル「火星8」だったと報じていた。30日午後には外務省の船越健裕アジア大洋州局長、米国務省のソン・キム北朝鮮担当特別代表、韓国外交省の魯圭悳(ノギュドク)・朝鮮半島平和交渉本部長が電話で協議し、今回のミサイルを含めた北朝鮮情勢について議論。引き続き日米韓で連携していく方針で一致した。