削れない鉛筆? くだらないモノづくり 中小企業が競うコンテスト

有料会員記事

荻野好弘
[PR]

 納期に追われがちな中小企業が思う存分、製品加工の技術を「くだらないもの」づくりにそそぎ込むコンテストが2日、インターネットでライブ配信される。視聴者の投票でグランプリを決める。

 昨年に続き2回目の「くだらないものグランプリ」。自動車産業や工作機械に欠かせない金属加工や樹脂素材加工の会社を中心に、愛知、岐阜、大阪などから19社が参加。技術力をPRしながら「くだらなさ」を競う。

 板金・溶接加工の千成工業(愛知県小牧市)は「グナッシ~」を出品する。コンビニのおにぎりの真ん中にある具を抜き取る「キッチン用品」だ。

 そんなモノ要る?

 「だから、くだらないんです…

この記事は有料会員記事です。残り842文字有料会員になると続きをお読みいただけます。