母親「子どもを刺した」と説明、自殺も図ったか 福岡の9歳男児殺害

[PR]

 福岡市博多区那珂4丁目のマンションで29日、男児が殺害された事件で、男児の母親が「子どもを刺した」と話していることが捜査関係者への取材でわかった。母親の腕や首にも切り傷があり、福岡県警は母親が男児を殺害し自殺を図ったとみて、回復を待って殺人容疑で調べる方針。

 県警博多署によると、亡くなったのは小学生の男児(9)。29日午後7時45分ごろ「(子どもが)血まみれの状態だ」と110番通報があり、男児は福岡市内の病院に搬送されたが、その後死亡が確認された。司法解剖の結果、死因は失血死だった。

 捜査関係者によると、首には刺し傷があり、室内にいた母親にも腕や首に切り傷があった。当時は男児の兄も一緒にいたが、母親が男児を刺した後、兄は家から出て、その後母親が鍵をかけて自身を切ったとみられるという。現場には凶器とみられる包丁もあった。

 現場はJR博多駅から南東へ約3・5キロの住宅街。近所の40代女性は男児が通う小学校に子どもを通わせているといい、「近所で事件が起こり動揺している」と話した。