ヒットだぜ! 鋳造会社が作るポケモン気分の虫かご ロビンマスクも

有料会員記事

才本淳子
[PR]

 「ゲットだぜ!」。この虫かごを手にすると、つい叫びたくなる。

 アニメ・ゲームの「ポケットモンスター」で、ポケモンを捕まえる道具、モンスターボールを模している。主人公らポケモントレーナーの気分が味わえると、子どもだけでなく大人にも人気で、虫はもちろん、小物入れにして楽しむ人もいるという。

 2019年に発売し、2年間で販売数は10万個を突破。今夏には、モンスターボールの高性能版として登場するマスターボールの虫かごも売り出した。

 この虫かごを作っているのは、広島県福山市の精密金属部品メーカー「キャステム」。一体、なぜ部品メーカーが虫かごを?

 同社は、製菓業の工場の隅で…

この記事は有料会員記事です。残り1179文字有料会員になると続きをお読みいただけます。