将棋・藤井聡太三冠が竜王戦で3連勝 最年少での四冠達成へあと1勝

村瀬信也
[PR]

 将棋の藤井聡太三冠(19)=王位・叡王・棋聖=が豊島将之竜王(31)に挑戦する第34期竜王戦七番勝負(読売新聞社主催)の第3局が30、31の両日、福島県いわき市で指され、藤井三冠が93手で勝って対戦成績を3勝0敗とした。初の竜王獲得と最年少での四冠まで、あと1勝となった。第4局は11月12、13日に山口県宇部市で指される。

 先手の藤井三冠の誘導で戦型は角換わりになった。終盤の激しい攻め合いを制した藤井三冠は「(中盤は)少し苦しくしたかなと思った。判断力がまだ足りない。第4局までに少しでも修正していい状態で臨めれば」、豊島竜王は「基本的にはあまり自信がなかった。どこでまずくしたか、はっきりわからない」と話した。

 藤井三冠は9月に豊島竜王から叡王を奪い、最年少で三冠になった。竜王を獲得すれば史上6人目の四冠を達成する。村瀬信也