第12回細野豪志氏、無党派層の6割からの票を集める 静岡5区の出口調査

2021衆院選

[PR]

 朝日新聞社などが31日に実施した当日出口調査によると、静岡5区は、無所属前職の細野豪志氏が、自民前職の吉川赳氏、立憲新顔の小野範和氏、諸派新顔の千田光氏を引き離す展開になっている。

 かつて民主党政権下で大臣を務め、現在は無所属ながら自民党二階派の特別会員の立場にある細野氏。出口調査では無党派層の6割、立憲支持層の4割弱に加え、自民支持層の6割強、公明支持層の半数以上からも票を集めている。吉川氏は自民支持層の4割弱しかまとめられていない。小野氏は立憲支持層の支持が6割弱にとどまっている。

 出口調査は共同通信社など5社と合同で実施した。

有料会員になると会員限定の有料記事もお読みいただけます。

今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント
2021衆院選

2021衆院選

ニュースや連載、候補者の政策への考え方など選挙情報を多角的にお伝えします。[記事一覧へ]

連載出口調査 2021衆院選(全25回)

この連載の一覧を見る