第5回評価額670万円→10万円で売却 やっと消えた固定資産税の負担

有料会員記事

松浦新
[PR]

 今年8月、東京都小平市の西武拝島線小川駅から徒歩5分ほどにある土地付きの一戸建てが、10万円で売れた。

 1973年築、木造2階建て約50平方メートルの家だが、土地は約66平方メートル。小平市は土地に約670万円、家に約67万円の固定資産税評価をつけている。土地だけでみても、10万円は格安だ。

手放したくても現れぬ買い手 その理由は・…

 それでも札幌市に住む元所有者(64)は、こう話す。「手放したくても引き取り手がなく、固定資産税の負担がなくなっただけでも、ほっとした」

 なぜ、こんなことが起きるのか。

 それは、敷地が「道路」に面していないため、建築基準法上、いまある家を壊すと次の家は建てられない「再建築不可」の物件だからだ。

 家の周りに「通路」はあり…

この記事は有料会員記事です。残り1567文字有料会員になると続きをお読みいただけます。