インスタは「若者に悪影響」? 高まるFBへの批判、議会が公聴会

有料会員記事

サンフランシスコ=五十嵐大介
[PR]

 米フェイスブック(FB)の写真投稿アプリ「インスタグラム」の若者への心理的な影響をめぐり、FBへの批判が米議会やメディアで強まっている。上院は9月30日にFB幹部を召喚して公聴会を開き、若者への影響についての対策や情報開示の強化を求めた。

 「我々の子どもたちの安全より自分たちの成長を優先した」「FBは巨大たばこ企業と同じだ。若者の健康に害があると知りながら、早期に使うよう促している」。公聴会では、議員らが相次いでFBを批判し、同社に内部報告書の開示などを求めた。

 公聴会の焦点となったのが、米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)が同月公開した調査報道だ。同紙は「インスタグラムは10代少女に有害」と題する記事で、FBが内部資料で「10代の少女の32%は、自分の体形に不満を感じている時にインスタグラムを見ると、さらに自己嫌悪感が強まる」と指摘していると報道。若者への悪影響を把握しながら、影響を公表しなかったなどと指摘した。

 FB幹部で、安全面でのトップを務めるアンティゴネ・デービス氏は30日の公聴会で「WSJの報道は一方的でミスリーディングだ」などと反論したうえで、「他の調査の開示も検討している」と話した。

内部報告書「10代の5人に1人は自己嫌悪が強まる」

 FBは公聴会直前の29日…

この記事は有料会員記事です。残り459文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【1/24まで】2つの記事読み放題コースが今なら2カ月間無料!