規制改革で起業促進なるか 一律5万円の会社設立手数料一部引き下げ

有料会員記事

編集委員・堀篭俊材
写真・図版
公証役場は全国に約290ある
[PR]

 政府は規制改革の一環として、起業しやすくするため、会社の設立手続きにかかる費用を見直す。資本金は1円でも起業できるが、設立に必要な定款の認証に必要な手数料が一律5万円で負担が大きいとの指摘があった。ただ、引き下げ幅は小さく、効果は限られそうだ。

 会社を設立するには、公証人に会社の規則などを定めた定款を認証してもらう必要がある。法務省は1日、認証の手数料の一部引き下げを発表した。これまでは一律5万円の手数料だったが、来年1月から資本金300万円未満の小さな企業に限り2万円~1万円下がる見通しだ。

 具体的には、資本金100万円未満の会社を起業する場合は3万円、資本金100万円以上300万円未満は4万円に引き下げる。定款の認証は1939年に導入され、当初は手数料15円だった。物価上昇などに応じ、これまで11回引き上げられてきたが、下がるのは初めて。

 定款の認証制度をめぐっては…

この記事は有料会員記事です。残り770文字有料会員になると続きをお読みいただけます。