三菱電機、柵山正樹会長が引責辞任 空調設備など検査不正相次ぐ

村上晃一
[PR]

 三菱電機は1日、長崎製作所(長崎県時津町)などでの検査不正問題を受けて柵山正樹会長が引責辞任すると発表した。取締役会の会長も退任し、6月に就任した経団連の副会長職も同日付で辞任する。

 6月に発覚した長崎製作所での不正は、鉄道車両用の空調設備などについて、必要な検査をしていたように見せかけていた。三菱電機では以前から検査不正などが相次いでおり、当時の杉山武史社長が7月に引責辞任し、後任に漆間啓専務が就いた。

 三菱電機では、長崎製作所の不正をきっかけに、弁護士らの調査委員会をつくった。ほかでも新たな不正が発覚しており、柵山会長ら経営陣の責任のあり方についても検討していた。

 柵山氏は経団連副会長について、調査委員会の報告が出るまで活動を自粛するとしていた。(村上晃一)