トヨタ系愛知製鋼と東北大が協定、電動化へ産学連携

[PR]

 トヨタ自動車系部品大手の愛知製鋼愛知県東海市)は1日、東北大学と、産学で共同研究を進めるための連携協定を結んだ。自動車の電動化分野の共同研究拠点を東北大学内に設け、両者の研究者が一体となって研究にあたる体制をつくった。

 愛知製鋼は、電気自動車(EV)などの駆動部品に使われる磁石の開発を進めている。愛知製鋼が実証段階での開発を進める一方、東北大学は、こうした分野の分析や評価といった基礎研究を担うとみられる。

 両者はこれまでにも個別の研究で協力してきたが、組織同士の連携へと強化した。藤岡高広社長はこの日の会見で「実証段階で課題が出てきたときに、学術的にフィードバックしてもらう。組織対組織の関係になることで、より素早く研究が進むことを期待している」と語った。