画面越しで不正見抜ける? リモート税務調査、コロナ禍で広がる

有料会員記事

村上潤治
[PR]

 国税局が税務調査の「リモート化」を進めている。企業側は歓迎ムードだが、画面越しでも、きちんと不正を見抜けるのか。

 「新しい事業はどんなことをしましたか」「詳しく説明していただければ」

 国税調査官が調査先の企業の会議室などに入り、企業から借りたパソコンとネットワーク環境を使って担当者と画面越しにやりとりをする。

 国税庁によると昨年10月、こうしたウェブ会議システムを利用した調査を一部で導入。調査に必要な資料やデータをオンラインで受け取ることも始めた。

 企業から借りたパソコンで国税局から企業のデータサーバーへアクセス。調査官は企業から借りた別の作業用パソコンで分析をする。

 対面による新型コロナウイルスの感染リスクをなくすのが狙いだ。

 企業からは歓迎の声が上がる。

コロナ禍で広がる「リモートワーク」「テレワーク」の波が、税務調査にも及んでいます。記事後半では、国税職員の賛否の声やジャーナリストの見方を紹介します。

 「長時間の対面を避けられた…

この記事は有料会員記事です。残り746文字有料会員になると続きをお読みいただけます。