9月の新車販売、32%減 部品調達の停滞響く

神山純一
[PR]

 9月に国内で売れた新車は31万8371台で、前年同月を32・2%下回った。前年同月割れは3カ月連続。8月の2・1%減から下げ幅が拡大した。コロナ禍で東南アジアでの部品調達が停滞し、工場の生産停止が相次いでいる影響が深刻さを増してきた。

 日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会(全軽自協)が1日、発表した。特に軽自動車は35・9%減の11万2948台と落ち込み幅が大きい。スズキが39・8%減、ダイハツ工業が37・9%減、ホンダが42・3%減だった。

 軽以外の登録車は30・0%減の20万5423台。9月の台数としては1968年の統計開始以降、過去2番目に少ない台数だった。

 工場の生産停止の影響で、販売現場では納車にかかる時間の長期化が目立っている。全軽自協の広報担当は「販売への影響が広がっており、10月以降の見通しも不透明だ」とみる。10月もトヨタ自動車ホンダ、ダイハツなどが減産を表明しており、販売への打撃は長引きそうだ。(神山純一)