スカートにスマホ「撮ったんちゃうん?」 警官を志す高校生の勇気

大下美倫
[PR]

 【兵庫】神戸電鉄岡場駅(神戸市北区)に隣接する商業施設。私立滝川高校(神戸市須磨区)の2年、森畑陽翔(はると)さん(16)は上りのエスカレーターに乗った。6月24日の午後7時ごろだった。

 前方に若い女性。その下の段に20歳くらいの男。2人の横を通り過ぎようとした時、男の手元に目が止まった。

 スマートフォンが、スカートへ差し込まれていた。

 「撮ったんちゃうん」

 男の横に立ち止まって声をかけた。相手に何か言われたらと不安もあったが、見過ごせなかった。

 男は呼びかけには答えず周りをきょろきょろ。エスカレーターを上りきると、今度は横の階段を早歩きで下り始めた。

 森畑さんは、男を見失わないくらいの距離を保ちながら後をつけ、110番通報した。その間、警察との電話はつないだまま。「どこにいますか」と聞く警察に「今、スーパーに入りました」などと細かく伝えた。

 やりとりすること6~7分。警察が到着し、男は県迷惑防止条例違反(ひわいな言動)の疑いで身柄を確保された。男は盗撮を認め、「これまでも繰り返しやっていた」と説明したという。

 「社会の役に立ちたい」と、以前から警察官を志していたという森畑さん。その思いは今回、ますます強くなったという。

 先月22日、有馬署から感謝状が贈られた。容疑者の確保に協力できたことに「うれしかったです」と照れ笑いを浮かべた。(大下美倫)