くまモン、2カ月ぶりのステージ コロナ影響で施設休業、ファン拍手

新型コロナウイルス

堀越理菜
[PR]

 熊本市中央区の「くまモンスクエア」で1日、くまモンのステージイベントが約2カ月ぶりに再開された。新型コロナウイルスの感染拡大で、7月29日から同施設は休業していた。

 この日は、熊本県畳工業組合とJAやつしろから、ステージと客席の床などに敷いてもらおうと、へりにくまモンの姿をあしらった畳計16枚が贈呈された。同組合の高尾和宏理事長(57)が、ステージに畳を敷いたら県産の畳のPRになるのではと思いついたという。同組合などによると、県はイグサの栽培面積や畳表の生産量で全国1位。

 親子連れやファンの大きな拍手で迎えられたくまモン。畳のステージに上がる前には、行儀よくスタッフに足の裏を拭いてもらうと、寝転んだり、匂いをかいだりして、県産の畳を堪能。元気いっぱいに踊りを披露していた。(堀越理菜)

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]