計3686平方mドッグラン コロナ下のペットブーム、青山リゾート

江湖良二
[PR]

 4カ所計3686平方メートルに及ぶドッグランが、三重県伊賀市寺脇の「青山ガーデンリゾート ホテルローザブランカ」に登場した。コロナ下のペットブームを背景に、面積を大幅に拡大。宿泊しなくても利用でき、1日から当面は金曜、土曜に限って営業する。

 ドッグランは草地(1900平方メートルと361平方メートル)、砂地(1305平方メートル)、屋内(120平方メートル)。従業員手作りの柵もあり、リードを外し、犬たちが自由に走り回ることができる。担当者は「まずはペットにのびのびと遊んでもらい、その姿を見て、飼い主も楽しんで欲しい」と話す。

 ホテルは、ペットと泊まれるコテージが売り。もともと150平方メートルほどのドッグランがあったが、老朽化。広い敷地を求める声も寄せられ、一新した。8月にオープンしたが、コロナ禍による三重県への緊急事態宣言を受け、全館を休業にしていた。

 9月下旬、モニターの利用者として、家族やミニチュアダックスなど犬3匹と訪れた市立青山小1年、中井陸翔さん(6)は「緊急事態宣言であまり外に行けなかったけれど、広い所で遊べて楽しかった」と話した。

 ドッグランの日帰りでの利用は午前10時~午後5時。宿泊客は午前6時~午後7時。日帰り利用者の利用料金は小型・中型犬1匹1100円、大型犬1匹1650円。宿泊客は無料。宿泊客のみ、予約すれば、午後7時~同10時を300円で利用できる。予約や問い合わせはホテルローザブランカ(0120・405・363)。(江湖良二)