参院補選は三つどもえの様相。衆院選「前哨戦」で注目

会員記事

須田世紀、中村純、玉木祥子、植松敬
[PR]

 【静岡】参院静岡選挙区補欠選挙は、7日の告示(24日投開票)まで1週間を切った。これまでに3人が立候補を表明し、対決の構図がほぼ固まった。11月にも予定される衆院選の「前哨戦」と位置づけられ、全国的な注目度が高まっている。

 立候補を予定するのは、いず…

この記事は会員記事です。残り1235文字無料会員になると月5本までお読みいただけます。

【10/25まで】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら