武漢から発信、行方不明だった市民記者が公の場に 状況は語らず

新型コロナウイルス

北京=高田正幸
[PR]

 新型コロナウイルスの流行で封鎖されていた中国湖北省武漢市から市民記者を名乗って情報発信し、行方不明になっていた陳秋実氏が9月30日夜、友人が生配信したYouTubeに出演し、約1年8カ月ぶりに公の場に姿をみせた。当局に拘束されていたとみられているが、この間の具体的な状況には触れなかった。

 陳氏は、友人で格闘家の徐暁冬氏のYouTubeに出演。行方不明前よりもやせた様子で、笑顔を交えながらも緊張した面持ちで近況を語った。「行動できるようになった時には身体の状態が悪く、1、2キロ歩いただけで疲れてしまった」と語り、うつ病も患うなど心身に不調があったことも告白した。

 こうした状況を改善するため、現在は北京の徐氏のもとで格闘技のトレーニングをしていると説明。今後は、格闘技大会の企画に携わっていく意向を示した。

 また、陳氏本人のものとみられるツイッターでも同日、声明が公表された。「この1年8カ月で私は多くのことを経験したが、言えることも言えないこともある。わかってくれることだろう」などと記されている。連絡先としてSNSのIDも公表したが、約1時間後には「すでに(アカウントが)封鎖されてしまった」と報告した。

 陳氏は昨年1月、封鎖直前の武漢に入り、現地で混乱する医療現場や葬儀場などの様子をSNSで発信。昨年2月から連絡が途絶え、当局に拘束されたとみられていた。友人の徐氏はこれまでもSNSで陳氏の様子を報告し、陳氏が武漢で当局に拘束された後に青島市で両親と生活していたことを明らかにしていた。(北京=高田正幸)

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]