無名の公立校選手がドラフト候補に スカウト驚かせた甲子園での覚醒

山口裕起
【動画】「おれ、夢が変わったかも」 消防士をめざすはずがプロ11球団が視察=山口裕起撮影
[PR]

 「誰も僕の名前なんて知らなかった」と三島南高(静岡)の3年生、前田銀治は言う。野球では無名の静岡の県立校で、レギュラーとして試合に出続けるようになったのは最上級生になってから。卒業したら、消防士をめざすはずだった。

 ある試合を境に、夢はがらりと変わった。

まえだ・ぎんじ

静岡県三島市出身。小学5年でソフトボールを始め、中学は硬式野球クラブに所属。高校通算31本塁打の長打力に加え、50メートル6秒の走力も魅力。好きなプロ野球選手は元広島のエルドレッド。通算133本塁打のスラッガーだが、凡打でも全力疾走する姿に感銘を受けた。趣味はアニメ鑑賞で、最近のお気に入りは「転生したらスライムだった件」。

 「自分の実力のすべて。いや、実力以上のものが出せたかも」

 前田がそう振り返るのは、21世紀枠で出た今春の第93回選抜大会1回戦の鳥取城北戦だ。

 3番中堅手として甲子園のグラウンドに立った。第3打席で右越えへ三塁打を放った。右打者ながら右翼フェンスに直撃させるパワーに加え、一塁を回ってから一気に加速する脚力も圧巻だった。九回にはマウンドに上がり、右腕からの直球は143キロを計測した。打って、走って、投げて――。

 「何者だ?」。あるプロ球団のスカウトは、その身体能力の高さに目を丸くした。2―6で試合には敗れたが、強烈な印象を残した。

 三島南にとって春夏通じて初の甲子園出場は滑り込みで決まった。昨秋の県大会は準決勝で敗退した。地域の子どもたちとの野球での交流などが評価され、21世紀枠の候補校となった。

 コロナ禍の影響で昨秋の明治神宮大会が中止になったため、第93回大会では「神宮大会枠」の代わりに21世紀枠が3から4に増えた。

 三島南の出場はその4枠目、決選投票の末だった。選考委員会があった1月29日、校長から出場を知らされると、前田は涙を流して喜んだ。

 「甲子園は思いっきり楽しむ」と決めて大阪の宿舎に入った。緊張とは無縁。食欲も旺盛で、毎食、稲木恵介監督(42)からおかずを一皿分けてもらい、1週間で体重は4キロも増えた。試合当日の朝食も、緊張で食が進まない周りの選手をよそに、ぺろりと2人前を平らげた。

 甲子園では全国レベルを肌で感じた。鳥取城北戦を「野球人生で一番楽しい試合だった」と思った。「プロ野球選手になりたい。もっとうまくなりたい」。そんな感情が湧いてきた。

 静岡の自宅に戻った日の夕食後、両親に告げた。

 「おれ、夢が変わったかも」

 小学生のころ、地元のイベントで消防士が訓練を披露する姿を見て、「かっこいい」とあこがれた。実際にポンプ車に試乗し、放水も体験した。以来、将来の夢は「消防士」。親にも友達にも、そう伝えていた。

 突然の告白に反対されるかもと心配していたが、両親は「あなたが決める道だから応援するよ」と背中を押してくれた。

 中学時代は捕手のポジションを奪われて外野へ回され、高校では一つ上の代から試合に出ていたが、主力となったのは2年秋に新チームになってからだった。

 決して突出した選手ではなく、「もともとは実力が全然ない選手」と本人も認める。それでも、「野球が楽しい。うまくなりたい」という思いだけでコツコツと練習をしてきた。

 昨春から約3カ月続いた休校期間が明けたとき、前田は稲木監督を驚かせた。「一人だけ、とんでもなく体がでかくなってパワーアップして戻ってきた。自分で努力できることが銀治の一番の強み」。毎日、家の周りを走って、素振りをし、毎食、丼で2、3杯の米を食べたという。

 今年の9月中旬、前田は校庭のグラウンドで後輩たちに交ざって木製バットを振り込んでいた。

 夏の静岡大会4回戦で敗れて引退した後も練習を続け、週に3日、ジムに通って筋トレをする。身長は182センチ。選抜時に95キロだった体重は98キロまで増えた。

 選抜直後からプロのスカウトが次々に視察に訪れるようになった。その数、11球団。1965年のドラフト制以降、同校からプロ野球選手が誕生すれば、初めてのことになる。

 前田は言う。「静岡の無名の公立校で、誰も僕の名前なんて知らなかった。それが、あの1試合で大きく変わった。甲子園が大きく変えてくれた」

 それは偶然ではない。高校野球の2年半、自分自身に言い聞かせてきた。「もっと頑張れば、誰かがきっと見てくれる」と。

 ドラフト会議まで1カ月を切った。心境を聞いてみた。

 「待ち遠しい。甲子園の試合前の時と似たようなワクワクした気持ちです」

 にこにこと笑いながら言った。(山口裕起)

     ◇

 まえだ・ぎんじ 静岡県三島市出身。小学5年でソフトボールを始め、中学は硬式野球クラブに所属。高校通算31本塁打の長打力に加え、50メートル6秒の走力も魅力。好きなプロ野球選手は元広島のエルドレッド。通算133本塁打のスラッガーだが、凡打でも全力疾走する姿に感銘を受けた。趣味はアニメ鑑賞で、最近のお気に入りは「転生したらスライムだった件」。