【詳報】岸田政権発足の日に衆院解散日程発表 「魔の3回生」も入閣

【ノーカット動画】岸田文雄新首相が会見
[PR]

 自民党岸田文雄総裁が4日、衆参両院の首相指名選挙で第100代の内閣総理大臣に選出され、岸田内閣が発足しました。閣僚20人のうち初入閣は13人。衆院選が迫るなか、新内閣はどのようなメッセージを打ち出すのか。野党の動きとともにお伝えします。

08:40

岸田氏が党本部入り 「これからがスタート」

 自民党岸田文雄総裁は午後、衆参両院の本会議で第100代首相に選出される予定になっている。朝に党本部に入る際、記者団に「これからが本当の意味でのスタートだと思っている。強い思いで、強い覚悟を持ち、これから臨んでいきたい」と語った。

写真・図版
自民党本部に入り、記者の声かけに答える岸田文雄総裁(右端)=2021年10月4日午前8時38分、東京・永田町、林敏行撮影

09:05

臨時閣議が始まる

 午後の岸田内閣発足を控え、菅内閣は閣僚の辞表をとりまとめるための臨時閣議を開いた。

写真・図版
臨時閣議に臨む菅義偉首相=2021年10月4日午前9時3分、首相官邸、上田幸一撮影

09:20

「土日使っても予算委員会を」 蓮舫氏がツイート

 立憲民主党蓮舫代表代行は自身のツイッターで、「新しい総理、新しい内閣。土日を使っても予算委員会を開き与野党審議を国民に見ていただき、総選挙に臨むべき」と訴えた。

09:30

自民党役員人事に野党ヤジ「あまり(甘利)にもひどい」

 立憲民主党は参院議員総会を開いた。水岡俊一参院議員会長はあいさつで、甘利明自民党幹事長の現金授受問題などについて触れ、「説明する必要がないという新しい幹事長が、今の自民党体質を表している」と批判した。それに対し、会場から「あまり(甘利)にもひどい」とヤジが飛ぶ場面があった。

09:45

世耕氏「参院2補選、全部とる」

 自民党世耕弘成参院幹事長は党参院議員総会で、7日告示・24日投開票の参院静岡選挙区と同山口選挙区の補欠選挙(いずれも被選挙数1)について、「岸田(文雄)新総裁、これから総理になる。そのもとでの初めての国政選挙になる。絶対2勝、全部とっていく覚悟で臨みたい」と訴えた。

 14日に会期末を迎える今国会について、世耕氏は「短い会期だが、総選挙を前提とした国会になる。野党側も強く出てくることが想定される。難しい国会運営になろうかと思うが、一致団結して頑張って参りたい」と強調した。

09:55

退任の西村大臣、コロナ対応をボクシングに例える

 「私、ボクシングを学生時代にやっておりました。打たれ強く、いろんな批判もいただきましたけども、とにかく国民の命と健康を守ることを最優先に取り組まなきゃいけない。そんな思いで対応してまいりました」。新型コロナウイルス対策を担ってきた西村康稔経済再生相は閣外に去るにあたり、記者会見でコロナ対応をこう振り返った。

 西村氏は緊急事態宣言の発出と解除などを繰り返してきた経緯に振れ、「いろんなサイドから、いろんなご意見、ご批判をいただく。国民が100%納得いただける解はなかなかない中で取り組んできた」と語った。

 今後のコロナ対策もボクシングに例え、「感染が増えてくれば厳しい措置を取り、(感染が)収まって解除すると、活動が活発になり、また(感染が)増える。この繰り返しは避けられない。ラウンドは何度もこれからも続く」との見方を示した。

10:15

内閣総辞職決定 菅首相が語った言葉

 加藤勝信官房長官は記者会見…

この記事は有料会員記事です。残り11257文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
2021衆院選

2021衆院選

ニュースや連載、候補者の政策への考え方など選挙情報を多角的にお伝えします。[記事一覧へ]