あの夏、大谷と戦った ホームランをめぐる2つの物語

有料会員記事

長島一浩
【動画】あの日、大谷との夏 本塁打を打たれた男、打った男 私たちの9年は=長島一浩、加藤諒撮影
[PR]

 投打の「二刀流」で米大リーグを席巻したエンゼルスの大谷翔平選手(27)と対戦した2人の球児がいた。2012年の全国高校野球選手権岩手大会で、ひとりは大谷選手に本塁打を打たれた唯一の投手として、もうひとりは本塁打を放った唯一の打者として、互いの人生が交差した。あれから9年。元球児たちの記憶は大切な思い出として今も心に残り続けている。

放った最高の一発、「いつかまた対戦を」

 19年12月、横浜市内の結婚式場がどよめいた。新郎の二橋大地さん(27)は祝電を受け取って驚いた。送り主は「エンゼルス・大谷翔平」だった。

 12年7月、岩手大会決勝で、二橋さんは盛岡大付高の4番として打席に立った。相対したのは大谷だ。

 三回表1死一、二塁、2球目…

この記事は有料会員記事です。残り1081文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【1/24まで】2つの記事読み放題コースが今なら2カ月間無料!