オンラインでプレゼン 西遠女子学園の学園祭

新型コロナウイルス

長谷川智
[PR]

 【静岡】浜松市中区の西遠女子学園(中学・高校)で2日、オフラインとオンラインを組み合わせた学園祭が始まった。コロナ対策として外部公開やクラス間の移動をやめ、クラスごとに決めた研究テーマでプレゼンをして学内に配信。学外用には動画や各種の情報を発信した。3日まで。

 中学3年の課題は「地域の魅力発見」で、藤組は「とびだせ法多山の謎!」に挑戦した。袋井市にある寺の模型を作って歴史や名物の団子を紹介。全国で寺院が減っている現状を取り上げ、「寺には楽しいイメージが必要。気軽に参拝しよう」と提案した。プレゼンは計6回披露し、教員や生徒がお互いに審査する。

 大庭知世校長は「新方式でコミュニケーション能力の向上につなげたい。地元を知って良き市民に育って欲しい」と話していた。(長谷川智)

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]