流れ星の大出現、中学2年生が独自発見 専門家「涙が出るほど感動」

東山正宜
[PR]

 三大流星群の一つペルセウス座流星群が観測された今年8月、流星の数が最も多くなるピークの翌日にそれを上回る大出現があり、1時間で200個ほどが流れた。専門家にも想定外だったが、兵庫県明石市の中学2年生が自宅から星空ライブを見て観測し、大出現を独自に発見して夏休みの自由研究にまとめていた。専門家は「涙が出るほど感動した」と驚いている。どうやって観測できたのか。

 国際流星機構(IMO)の発表では、大出現があったのは8月14日。もともとのピーク予想は13日で、8月下旬にかけて徐々に減るはずだった。ところが、14日午前6~9時(世界時)に突如、流れ星が急増したのを米国やカナダの観測者が確認した。世界各地の電波望遠鏡による観測でも、1時間に200個超が観測された。

 流星群は、彗星が放出したちりの帯に地球が突入して起きる。ペルセウス座流星群の場合、約130年の周期で太陽を回るスイフト・タットル彗星が、過去に地球の軌道を横切った際に残していったちりに由来する。

 国立天文台天文情報センター広報普及員の佐藤幹哉さんによると、過去2千年に放出されたちりの場所はあらかた解析されており、今年のピークも例年通りとみられていた。もし今回の大出現が未知のちりの帯によるものなら、少なくとも2千年より前に放出された古いちりだったことになる。

 日本流星研究会の会員でアマチュア天文家の杉本弘文さん(69)は14日夕、電波観測で流星が増えているのを確認し、国立天文台と朝日新聞社が米ハワイ島のすばる望遠鏡に設置している星空カメラのライブ映像を確認した。日本は日没前だったが、19時間の時差があるハワイはすでに夜だったからだ。

 「電波観測で流星が増え始めて、あれあれ?と思っている間に爆発的な数になった。すぐライブを確認したら、確かに流れている。これは本物だと」

 録画を解析すると、1時間に120個の流星が映っていた。カメラが向く反対側の空もあることを考えると、夜空全体ではさらに多く流れたとみられる。

 星空ライブを配信している朝日新聞宇宙部のユーチューブチャンネル(https://www.youtube.com/c/astroasahi別ウインドウで開きます)ではこの日、チャット欄が「なんか今日も多くない?」「ピークは昨日だったはずなのに、ずいぶん飛ぶねえ」などと盛り上がっていた。

 同じ時、明石市立野々池中2年の谷和磨さん(14)も、この星空ライブを見て流星を数えていた。14日は午後10~11時に196個を数え、前日の165個を上回った。自由研究の考察には「極大(ピーク)の日より翌日に多く流れた。ちりの位置が1日分ずれたか、別の群がかぶった」のではないかと記した。

 自由研究を読んだ佐藤さんは「独自に大出現に気づいただけでなく、鋭い考察までしているのに感動して涙が出た」と話す。

 どんな方法で観測したのか。

 谷さんは夏休み前、自由研究では宇宙をテーマにしようと考えていた。ペルセウス座流星群の観測が第一候補だったが、最も流れるのは夜明け前だという。夏休みとはいえ、中学生にとって、この時間帯はネックだった。

 小学生の時から通っていた明石市立天文科学館で相談してみると、井上毅館長が「ハワイの星空ライブを見て流星を数えると、いいデータになると思うよ」と助言してくれた。ハワイは日本時間の午後10~11時に夜明け前を迎える。「この時間なら起きていられる」と思った。

 観測を始めたのは7月29日。ちょっと早めにしたのは、「忘れん坊なので、毎日の習慣にしよう」と考えたからだった。定刻が近づくとスマートフォンを机に置き、5分前には部屋の電気を消して暗闇に目を慣らした。観測を中断させないため、あらかじめトイレも済ませてからスタンバイするようにした。

 当初は、流れ星が流れるたびにノートに正の字を書いていた。ところが、真っ暗闇の中ではどこに書いたのか分からなくなる問題があった。ただの線を引く方法に変え、後から本数を数えることにした。

 初めの10日間は、月明かりがまぶしかったこともあって、多くても1時間に50個くらいしか確認できなかった。しかし、8月10日ごろからはみるみる増え、11日に106個、12日に151個、ピークの13日には165個を記録した。

 「ふつうはピークの日までで満足してしまいがち。ここからさらに観測を続けたのがすばらしかった」と井上館長は言う。

 14日もいつも通り観測を始めると、大きめの流れ星が次から次へと現れた。「ピークは昨日だったよね?」と不思議に思いながら数えるうち、13日を大きく超える196個になった。その後、15日は130個、16日にも149個と再び増えたものの、17日には60個まで少なくなった。

 自由研究は2部作り、1部は学校に提出し、もう1部は天文科学館へのお礼にした。外出先から戻った井上館長は、職員が預かっていた自由研究を見て、手が震えたという。「実は中学生がこんな研究をしてきて」。その日のうちに知り合いの流星研究者、佐藤さんにメールした。

 杉本さんらによると、今回の大出現を受けてここ数年のデータを見返したところ、ピークの翌日に多めになる傾向があったという。ただ、佐藤さんは「これほどの大出現があるとは誰も思っていなかった。それを独自に観測し、ピークからずれた時間に出現したことへの考察も書かれていたことに感動して、涙が出てきた」と振り返った。

 谷さんには、国立天文台すばる望遠鏡の研究者からも記念のカードが届いたという。「ピークの前後をグラフにしようとしたのが、珍しい現象でびっくりした。冬にはふたご座流星群しぶんぎ座流星群もあるので、今回との違いを比べてみたい」と話した。東山正宜