オリックス・吉田正尚、登録抹消 死球で右腕を骨折 今季絶望か

[PR]

 パ・リーグ首位に立つオリックス・バファローズの主力、吉田正尚外野手(28)が3日、出場選手登録を抹消された。

 吉田正は2日のソフトバンク戦(京セラドーム)の四回に右手首付近に死球を受けて途中交代。大阪市内の病院で右尺骨の骨折と診断された。全治は未定だが、今シーズン中の復帰は厳しい見通しだ。

 吉田正は9月3日のソフトバンク戦(ペイペイドーム)で左太もも裏を痛めて、5日に離脱。26日に復帰したばかりだった。

 吉田正は昨季、打率3割5分で初の首位打者に輝いた打線の要。今季も10月2日現在で、打率は3割3分9厘で両リーグトップ。21本塁打、72打点を挙げて打線を引っ張り、チームの首位浮上に欠かせない存在だった。