第6回政界の女性進出が遅れる日本 「実力だけで上がってこい」は「差別」

有料会員記事2021衆院選自民

聞き手・斉藤太郎
[PR]

 自民党の新しい政調会長高市早苗総務相が就きました。女性が党の政策責任者になったものの、高市氏は総裁選でジェンダー平等の推進に後ろ向きととれる論陣を張ってきました。衆院選の争点でもある女性政策にどのような影響があるのか、三重大学の岩本美砂子教授(政治学・女性学)に聞きました。

高市さんは「アウトサイダー型」

 ――ジェンダー政策の観点から、高市さんの政調会長就任をどう見ますか。

 高市さんは2度目の政調会長ですよね。もう一つ格上のポストになると想像していましたが、衆院選に向けた政策討論の能力を買われたのかもしれません。

写真・図版
総裁室に向かう高市早苗氏=2021年10月1日午後0時56分、東京・永田町の自民党本部、関田航撮影

 総裁選の論戦をみても、高市さんは選択的夫婦別姓同性婚といったジェンダー政策について反対のスタンスが目立ちました。高市さんがジェンダー政策を引っ張り、現状を変えてくれるとは思えません。

 ――女性が要職に就くことで女性政策が進んでいるという印象を持つ人もいるかもしれません。

 それだけでは進みません。そもそも自民党で大臣に就くような女性議員は、タカ派で女性政策に後ろ向きな人が多いです。最近、元防衛相稲田朋美さんが変わってきて、女性政策に少し前向きかな、とも感じていますが。

総選挙が迫るなか、いま私たちが考えるべきことは何か。有権者として何を問われているのか。寄稿やインタビューを通して考える連載です。

 ――高市さんの女性議員としての立ち位置をどう見ますか。

 ノルウェーの議員経験者、トリルド・スカアードさんの分析を簡単に紹介します。まず、女性が国のトップになるための道について、「世襲型」「政党内のたたき上げ型」「アウトサイダー型」の三つに分類できます。世襲でもなく、総裁選で急浮上した高市さんはアウトサイダー型と言えるでしょう。

 そして女性トップを三つのタイプに分類します。

①女性問題にあまり関わらず…

この記事は有料会員記事です。残り1526文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
2021衆院選

2021衆院選

ニュースや連載、候補者の政策への考え方など選挙情報を多角的にお伝えします。[記事一覧へ]

連載問われる民意2021(全18回)

この連載の一覧を見る