「岸田カラー」演出に腐心、安倍氏らに配慮の中…若手抜擢のポストも

有料会員記事自民岸田政権発足へ

星野典久
[PR]

 自民党岸田文雄総裁が自身の内閣の布陣を固めた。党役員人事では安倍晋三前首相や麻生太郎副総理兼財務相らへの配慮がにじんだが、「老壮青」のバランスをとり「岸田カラー」の演出に腐心した様子がうかがえる。党の力が強まることが予想される中、岸田流を貫けるか試される。

 岸田氏は3日夕、党本部に入り、官房長官に内定している松野博一元文部科学相らと協議し、組閣の陣容を固めた。

 1日に決定した党役員は、安倍氏や党内第2派閥領袖(りょうしゅう)の麻生氏と近い甘利明氏を幹事長に起用するなど、主要派閥の意向が色濃く反映される人事を行った岸田氏。だが今回は、岸田氏自身の強い意向も透ける。

 麻生氏の後任となる財務相に…

この記事は有料会員記事です。残り1564文字有料会員になると続きをお読みいただけます。