「鬼滅」効果で戻った観光客 鬼岩公園の岩穴くぐり、定期開催へ

戸村登
[PR]

 人気コミック「鬼滅の刃」の主人公が一刀両断した岩に似た岩があると評判になった鬼岩公園(岐阜県瑞浪市御嵩町)で9日から、「鬼岩岩穴くぐり」を含む公園のガイドツアーが定期開催される。鬼岩観光協会がウェブサイトで予約を受け付けている。

 鬼岩は飛驒木曽川国定公園の一角にあり、花崗岩(かこうがん)の巨岩や奇岩が立ち並ぶ国の天然記念物。県内有数の観光地だったが近年は客足が遠のいていた。

 ところが、「鬼滅の刃」効果で昨年10月の「鬼岩岩穴くぐり」には2日間のイベントで1737人が参加するなど観光客が戻りつつあり、これまで実施していなかったガイドツアーを4~11月の月4日間、定期開催することにした。

 岩穴の長さは約110メートル。10分ほどかけて、くぐり抜けることができる。予約制で10月のガイドツアーは9、10、23、24日に実施予定。小学生以上で定員は10人。ツアーは4人以上の申し込みがあった場合に開催。4人以上なら、開催日以外でも受け付ける。

 岩穴くぐりは税込み1500円、食事と入浴付きは3500円。近くの鬼岩ドライブインは「岩穴くぐり限定御朱印」(300円)や、プレミアムフライデー限定の金文字の御朱印(500円)を販売する。問い合わせは鬼岩観光協会(0574・67・0285)へ。(戸村登)