衆院選は今月19日公示、31日投開票 自民・岸田総裁が日程固める

2021衆院選岸田政権発足へ

[PR]

 菅内閣は4日午前の臨時閣議で総辞職した。同日午後の臨時国会での首相指名選挙を経て、外相や党政調会長などを歴任した岸田文雄自民党総裁が第100代首相に選出され、新内閣が発足する。

 首相に就任する岸田氏は衆院選の日程を今月19日公示、31日投開票で固めた。

  • commentatorHeader
    林尚行
    (朝日新聞政治部長=政治、経済、政策)
    2021年10月4日13時13分 投稿
    【視点】

    11月7日投開票が有力とされていた衆院選日程が「前倒し」されました。前田ディレクターもコメントで指摘していますが、理由として考えられるのは主に3つ。①新型コロナの感染状況が落ち着いているタイミングで、懸念される「第6波」が来る前に選挙を終え

  • commentatorHeader
    前田直人
    (朝日新聞コンテンツ戦略ディレクター)
    2021年10月4日12時26分 投稿
    【視点】

    解散日程を決めてアナウンスするタイミングは、公示日から2週間前がリミットという話を自民党関係者から聞いたことがあります。きょうはちょうど2週間と1日前。ギリギリですね。11月7日投開票が有力と言われていたなかで、想定される最短コースを選んだ

2021衆院選

2021衆院選

ニュースや連載、候補者の政策への考え方など選挙情報を多角的にお伝えします。[記事一覧へ]