「3本指」掲げた選手を助けたわけ スマホのこちら側にもあった物語

有料会員記事

宮崎亮
写真・図版
アウンミャッウィンさん=2021年9月6日、大阪市住吉区、宮崎亮撮影
[PR]

 ホテルに閉じ込められ、外へ出られないまま、帰国の日が迫る。スマホの画面に映る青年は、「どうしたらいいんだ」と涙目だった。

 「君を必ず助け出す。心配しないで」。ホテルの外から繰り返し呼びかけた。

 サッカーのワールドカップ予選のため、5月に来日したミャンマー代表のピエリアンアウン選手が、日本代表との試合の際、テレビカメラに「3本指」を掲げ、母国の軍事クーデターに抗議した。

 「帰国すれば命が危ない」と、在日ミャンマー人たちが救出に動いた。知人づてにSOSを受け取り、その中心になったのが、大阪市で東南アジア料理店を営むアウンミャッウィンさん(47)だった。

写真・図版
「君を必ず助け出す」と、ビデオ通話でサッカー代表選手を励ますアウンミャッウィンさん(左)=2021年6月16日未明、大阪市住之江区、宮崎亮撮影

 Tシャツに隠してスマホを差し入れ、ひそかに連絡を取り合った。代表チームの宿舎から脱出させようと作戦を練ったが、監視が厳しく、再三、失敗した。駆けつけた弁護士とともにピエリアンアウン選手を励まし、帰国間際の関西空港で保護した。住まいを提供し、通訳も務め、8月に難民申請が認められるまで伴走した。

スーチー氏支持で拘束 船に乗り国外脱出

 アウンミャッウィンさん自身も23年前、日本に逃れてきたミャンマー難民だ。

 最大都市、ヤンゴンの出身…

この記事は有料会員記事です。残り680文字有料会員になると続きをお読みいただけます。