16歳が来季入団 中南米の若手獲得のソフトバンク、育成強化へ新手

[PR]

 プロ野球・福岡ソフトバンクホークスは4日、メキシコドミニカ共和国出身の育成選手3人を獲得したと発表した。球団の外国籍選手ではこれまでで最も若いという16歳の選手と、17歳、21歳の選手がいる。球団にとっても今回の選手獲得は、育成強化に向けた「大きなチャレンジ」だという。

 獲得したのは、メキシコ出身のアレクサンダー・アルメンタ投手(17)と、ドミニカ共和国出身のマイロン・フェリックス投手(21)、フランケリー・ヘラルディーノ内野手(16)。来年1月に来日する予定だ。

 三笠杉彦ゼネラルマネジャー(GM)は、「従前から世界中から有望な選手を集めるというコンセプトでやってきた。来季は(育成で)外国の有望な選手を獲得し、ホークスの土壌で育てるということにチャレンジしたい」と話した。

 16歳のヘラルディーノ選手と17歳のアルメンタ投手は、日本の高校生世代にあたる。大リーグでも中南米の選手の獲得は低年齢化してきているため、「それに対抗するとなると、この時期、この年齢となった」と説明した。

 今後、留学生を受け入れている高校などから助言を受けながら、球団独自のプログラムの確立を目指していくという。三笠GMは「若くて、日本に住んだ経験もない。日本に慣れる、育成ながらもプロ野球選手として働くということについては、従来の外国人選手とは違うサポート体制は必要だと思う。そのあたりは留意しながらやっていきたい」と話した。

 球団の育成からは、エースの千賀滉大投手や甲斐拓也捕手など日本球界を代表する選手が輩出した。今回の外国籍の若い育成選手も長期的な補強としての側面が強く、将来の主力を担うことが期待されている。

 球団は今後、育成体制をさらに強化する方針で、現在20人登録されている育成選手を今後は30人程度に増やし、育成選手が中心となる3軍の試合をいまの年80試合程度から130~140試合程度に増やしていく計画だという。今月11日のドラフトでも、育成選手の獲得が多くなる見込みだ。

 三笠GMは「日本の若年層の人口が減り、野球をやる人口も減っていく中で、戦後から繁栄してきた日本のプロ野球の土壌をいかして、世界に広げるという取り組みを考える必要があるのではないかと思う。選手、球界全体にも良い刺激になればいいなと思っている」と話した。