中国恒大、傘下企業株を売却か 香港市場で一時売買停止

有料会員記事

西山明宏=北京、稲垣千駿
[PR]

 香港株式市場で4日午前、経営危機に陥っている中国不動産大手の中国恒大集団の株式が一時的に売買停止となった。恒大は「重要な取引に関する内部情報」を開示するまで停止するとしており、中国メディアによると、傘下で不動産管理の恒大物業集団の株式を売却する模様だ。

 複数の中国メディアによると、恒大は物業の株式51%分を香港の不動産大手、合生創展集団に400億香港ドル(約5700億円)で売却する予定とみられる。香港市場では恒大以外にも物業と合生創展の株式も売買停止になっている。売却が実現すれば、資金繰りに苦しむ恒大にとっては一歩前進となる。

 中国メディアによると、恒大…

この記事は有料会員記事です。残り728文字有料会員になると続きをお読みいただけます。