橋幸夫さん、80歳で歌手引退へ 「新しい夢作る 寿命ある限り」

有料会員記事

定塚遼
[PR]

 昭和歌謡の「御三家」の一人で、吉永小百合さんと歌った「いつでも夢を」などのヒット曲で知られる橋幸夫さん(78)が4日、東京都内で記者会見を開き、80歳を迎える23年5月をもって歌手活動を引退すると発表した。声の衰えが理由だといい、俳優活動などは続行する意向だ。

「衰えにはどうにもならない 地団太を踏んでいる」

 1960年、17歳のときに「潮来笠」でデビュー。60年代には舟木一夫さん、西郷輝彦さんとともに「御三家」と呼ばれ、「いつでも夢を」「霧氷」で2度のレコード大賞を受賞した。

 「順風満帆、すごい勢いで10代、20代、30代、40代、50代、60代、そして70代ときた。月日の経つのは早い。もうこんな年なんだなと」と振り返る。

 2年ほど前から、低音の声が割れてしまい、うまく発声できない違和感があったという。新型コロナでコンサートが開けなくなり、歌う機会が少なくなったことも影響し、思うような声を出せなくなったと感じた。病院では「筋肉の老化が原因」と言われたという。「声帯の力と艶(つや)が維持できなくなった。衰えにはどうにもならないなと地団太を踏んでいるところです」と悔しさもにじませた。

友人・白鵬への電話 固まった引退表明の決意

 声が衰えても歌い続けること…

この記事は有料会員記事です。残り614文字有料会員になると続きをお読みいただけます。