夜なのに、なぜモーニング? 閣僚の服装、西洋のドレスコードでは…

有料会員記事ファッション

編集委員・後藤洋平
写真・図版
初閣議を終え、記念写真に納まる岸田文雄内閣の閣僚たち=2021年10月4日午後10時45分、首相官邸、北村玲奈撮影
[PR]

 自民党岸田文雄総裁が4日、首相に指名され、新内閣が発足した。組閣の日の夜には、首相官邸の赤い大階段で閣僚たちがそろって記念撮影するのがお決まりだ。男性閣僚はモーニングコートを着用する。しかし実は、モーニングは欧米のドレスコードでは「昼の最上級正装」。一般的に夜には着ない。日本の閣僚はなぜ、夜なのにモーニングを身につけるのだろうか。

 ファッションの取材をしていると、ドレスコードに敏感になる。

 ミラノやパリでのファッションウィークなどでは、取材で訪れるパーティーの案内状に「ブラックタイ(タキシード)」との指定が記載されていることもあるからだ。

 「もう一つ、気になるのはネクタイですね」

 それだけに、新内閣発足時の閣僚たちのモーニング姿には違和感を覚えていた。ドレスコードにならえば、夜の最上級正装として燕尾(えんび)服が存在するにもかかわらず、なぜモーニングなのだろうか。

 東京都港区のレンタル服ノー…

この記事は有料会員記事です。残り1608文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【1/24まで】2つの記事読み放題コースが今なら2カ月間無料!