中国軍機、異例のペースで進入 台湾の防空識別圏に延べ145機

台北=石田耕一郎
[PR]

 台湾国防部(国防省)は4日、西南域の防空識別圏(ADIZ)に中国軍機延べ56機が進入したと発表した。国防部が進入数を発表し始めた昨年9月以降、1日では最多を更新した。今月に入ってからの4日間で延べ149機に上っており、異例のペースだ。

 台湾側の発表によると、4日に進入したのは中国の戦闘機「殲16」延べ38機、爆撃機「轟6」延べ12機など計5機種。中国外務省の華春瑩報道局長は4日、米国も進入に懸念を示しているとの記者の質問に、「中国は全ての必要な措置を講じて台湾独立の試みを粉砕する」とコメントした。(台北=石田耕一郎)